どんな車種でも高値で買い取りしているバイク王では、ヤマハからラインナップされているドラッグスターも高額買取を行っています。数年ごとにモデルチェンジを繰り返しながらロングセラー車種となっているドラッグスターは、排気量ごとにいくつかの車種がラインナップされていて、古い年式でも気に入って乗り続けているという人は多いのではないでしょうか。ほかの買取業者と比べてバイク王は査定の相場が高いという特徴がありますが、買取価格を最大にするためには、いくつか注意したいポイントがあります。

 

まず、ドラッグスターに搭載されている部品やアクセサリーは、カスタマイズしたものよりもできるだけ純正のものの方が査定額は高くなります。もしも自宅に純正のパーツを保管しているなら、カスタマイズのものを取り外して純正のものに付け替えたほうが、より高く買い取ってもらえるようです。純正パーツはすでに処分してしまったという場合には、あえて購入する必要はありませんが、改造バイクの中でも違法なレベルでの改造だと買取価格がガクンと下がってしまうことになるので気を付けましょう。

 

また、ドラッグスターはコアなファンを多く抱えている車種のため、スタイルによっては年式が古いものでも高値での買取をしてもらえる可能性があります。買取業者および店舗ごとに力を入れている買取り車種やデザインが異なりますから、査定見積もりを依頼する際には一つの業者だけではなく必ず複数から取り寄せるようにしましょう。気になる買取相場ですが、クラシックなスタイルが魅力のドラッグスター400だと、査定相場の上限は約45万円程度となっているようです。バイク王が力を入れている車種の一つなので、きちんとメンテナンスしていたバイクや、純正パーツを搭載しているノーマル車ならかなりの高値買取が期待できそうですね。査定前にホイールを磨くなどのお手入れをするだけでも、査定マンの印象が良くなるので、査定額に影響するかもしれませんよ。

 

バイク王 公式サイトはこちら


バイク王 ドラッグスターの買取価格と高価買取のポイント

バイク王では、中古バイクとしてニーズが高いヤマハのドラッグスターの買取を行っていて、高値買取をしてくれると人気があります。ドラッグスターはヤマハからラインナップされているバイクで、アメリカンタイプのブランドです。初めて市場に登場したのは1996年ですが、それ以来モデルチェンジを重ねながら現在でもロングセラーの大人気ばいクラインとなっています。ドラッグスターにはいくつかの種類があり、クラシック400、クラシック1100、そしてドラッグスター250の3種類に分けることができます。その中でも人気のあるドラッグスター400は、中古バイクとして購入する人が多く、バイク王でも力を入れて積極的な買取を行っている車種ですね。

 

バイク王でドラッグスターを少しでも高く手放すためには、どんな点に注意したら良いのでしょうか?まず、査定を受ける際には洗車をして、できるだけきれいな状態で査定を受けることをおすすめします。ダメージがある場合には、嘘をついて泥などで隠そうとするよりも、正直に話したほうが印象が良くなりますし、査定額もプラスになることが多いものです。汚い状態で査定を受けても、実際に買い取ってもらった後でバイク王が自社工場にてもう一度査定を行った場合、泥で隠れていた傷が現れて査定額が下がったということになりかねません。

 

また、ドラッグスター400はパーツを改造して乗っている人が多い車種でもあります。見た目はかっこよくても、パーツが純正ではなくて改造モデルだったりすると、その点で査定額がマイナスになってしまいます。そのため、もしも純正のパーツを持っている場合には、純性につけ直して査定を受けるとか、それほど金額がかさばらない純正パーツなら、買ってつけ直すという方法もおすすめかもしれませんね。純正パーツが最も査定額は高く、改造パーツになると見た目や購入価格に関係なく査定ではマイナスになってしまう事が多いものです。注意してくださいね。

 

高額買取のバイク王 さらに詳しくはこちら